花街

新潟県新潟市中央区古町にある花街は、新潟市における料亭・待合・置屋が密集する地域である。

古町通8番町、9番町。西堀前通8番町、9番町。東堀通8番町、9番町で形成され、明治31年(1898年)までに古町内に点在していた遊郭が本町通14番町に移転したことで花街となった。

大正から昭和初期にかけて隆盛をほこり、出身人物に川田芳子、藤蔭静樹がいる。[1]現在でも日本舞踊の流派である市山流が宗家を置き、その門弟で構成される古町芸妓が活動を行っている。

特徴

古町花街の特徴は、第二次世界大戦での空襲を免れたことにより、明治後期から昭和初期の建築物が多く現存していることと、京都型(平入り)とは異なり、妻入りの町屋が立ち並んでいることである。現役の花街でこうした妻入り様式の建物を主体としているのは、全国で唯一とされている。

花街

【アイキャッチ】新潟花街ぶらり酒第5弾

新潟県新潟市中央区古町にある花街は、新潟市における料亭・待合・置屋が密...