柾谷小路の記憶

2013年3月20日から31日の期間開催した柾谷小路アーケード改修記念「古町誕生祭」において、柾谷小路に面する11のオフィスウインドーに展示された、明治から昭和にかけての柾谷小路の懐かしい写真をご紹介します。


11-1「西堀・柾谷小路付近」
(明治6年頃)
左側が新潟県庁で手前から2番目の橋が、柾谷小路から続く豊平橋です。この頃の柾谷小路は西堀通の県庁で行き止まりでした。
<展示場所:みずほ信託銀行新潟支店>


02-1「新潟郵便役所」
(明治6年頃)
本町通七番町に新築されたばかりの写真です。窓口と正門は本町通に面していました。白い壁とアーチのついた鐙戸(よろしど)風の窓が印象的な擬洋(ぎよう)風建築でした。
<展示場所:新潟中郵便局>


09-3「初代市役所」
(明治14年頃)
明治41年の新潟大火で焼失した初代新潟市役所。
<展示場所:新潟信用金庫>


09-2「新潟警察署」
(明治14年頃)
明治41年の新潟大火で焼失した警察署。
<展示場所:新潟信用金庫>


10-1「東堀から柾谷小路・萬代橋方向」
(明治30年頃)
中央の橋が東堀橋です。左の建物は大正6年に第四銀行と改名する新潟銀行です。昭和3年に新しい建物になるまで古き時代を偲ばせる建物でした。
<展示場所:三井住友銀行新潟支店>


05-1「柾谷小路・鏡橋付近」
(明治後期)
明治41年の新潟大火の復興記念で撮影されたものです。他門川にかかった鏡橋の向こうに小出倉庫が見えます。
<展示場所:野村證券新潟支店>


03-1「新潟貯蓄銀行本店」
(大正元年頃)
大正元年に新潟貯蓄銀行本店として建築され、昭和19年に同銀行の第四銀行との合併に伴い、第四銀行新潟支店となった。歴史的にも貴重な建物あったが、惜しくも取り壊されてしまった。
<展示場所:第四銀行本店>


06-1「柾谷小路・本町通付近」
(大正期)
上大川前交差点あたりから柾谷小路を日本海方向へ見通した写真。通り右の4階建て建物は小出倉庫と呼ばれた旧新潟商会の建物です。
<展示場所:三井住友信託銀行新潟支店>


11-2「柾谷小路・東堀付近」
(大正期)
右手前の瓦屋根が第四銀行、その向こうに東堀が通り、大正期の柾谷小路の主役は人力車でした。人々のほとんどが着物姿です。
<展示場所:みずほ信託銀行新潟支店>


09-1「柾谷小路・西堀交差点付近」
(大正後期)
手前に西堀橋の欄干が見えます。左のドームの屋根が明治43年建設の警察署、右が44年に建った2代目市庁舎です。
<展示場所:新潟信用金庫>


01-2「柾谷小路・古町通付近」
(昭和初期)
柾谷小路を萬代橋方向に撮影した写真です。左右には食べ物屋が立ち並び、通りの左右に吊られた新潟名物中央食堂の看板が見えます。
<展示場所:三菱東京UFJ銀行新潟支店>


07-1「古町十字路」
(昭和初期)
柾谷小路から古町六番町方向を撮影した写真です。昭和初期には自動車が走るようになり、古町十字路では交通整理が行われるようになりました。
<展示場所:三井住友信託銀行新潟中央支店>


04-1「他門川にかかる鏡橋」
(昭和初期)
柾谷小路の他門川にかかっていた橋が鏡橋です。正面3階建ての建物は角屋旅館です。
<展示場所:大和証券新潟支店>


01-1「大和百貨店」 
(昭和12年頃)
昭和の時代はデパートで買い物の後、おもちゃ売場を経由して食事(もちろんお子様ランチ)をし、屋上遊園地で遊んで帰るのが一番の贅沢でした。
<展示場所:三菱東京UFJ銀行新潟支店>


08-01「小林百貨店」
(昭和12年頃)
昭和55年に「新潟三越」に社名変更した小林百貨店は、まだ大型店が少なかった時代、大和百貨店と並んで商店街の顔でした。
<展示場所:新潟三越>


08-2「大火前の柾谷小路」
(昭和24年頃)
東堀から日本海方向に柾谷小路を撮影した写真です。右手前が郵便局、その奥が大和百貨店で、斜め向かいが小林百貨店です。
<展示場所:新潟三越>


05-2「礎町からみた柾谷小路」
(昭和30年頃)
柾谷小路の道幅は広く、歩道の並木も若木です。まだまだ自動車は少なくバスが庶民の足の主役でした。
<展示場所:野村證券新潟支店>


06-2「大火の復興 柾谷小路・東堀付近」
(昭和31年頃)
大火の一年後に撮影された1枚。復興計画に基づいて柾谷小路に面した耐火建築の新しい建物が建てられています。
<展示場所:三井住友信託銀行新潟支店>